青柏祭のでか山

青柏祭(せいはくさい)は能登地区で最大のお祭で、毎年5月3日から5日にかけ、七尾市で開催されます。その中の曳山行事では、日本一大きいと言われている“でか山”と呼ばれている山車を引き回し、その光景は圧巻です。この青柏祭は1983年に国指定の重要無形民俗文化財になっており、歴史は平安時代まで遡るものです。天元4年(981年)に能登国の領主である源順(みなもとのしたごう)が、能登の国祭りと指定し、五穀豊穣を祈る祭りとして始まったと言われています。

でか山とは?

また“でか山”は、室町時代に守護だった畠山義統(はたけやまよしむね)が文明5年(1473年)に国祭りの曳山を奉納したのが始まりと言われています。大地主神社の例大祭として開催される現在、能登地区の最大の祭りです。
この祭りの最大の見所は何と言っても“でか山”。大きさは高さ約12m、重量約20tで日本一の大きさと言われ、七尾市内の府中・鍛冶町・魚町から各1台の山車が奉納されます。
“でか山”の車輪は直径約2mですので、引き回しも難しいのですが、この山車をおよそ300人の人力で引き回します。そのため“でか山”が通る七尾市内のルートは電柱が高く設置されています。

青柏祭の見どころ

この青柏祭は毎年15万人近くの観光客が参加し、七尾市で生まれて都会に働きに出ていった若い人も、このときは休日を取って参加するほどです。正月やお盆に帰省しない若い人でも、この青柏祭が開催されるときは帰ってくるというケースも多く、それだけこの祭りは重要なものであると考えられています。

青柏祭の見どころは何と言っても“でか山”が引き回される圧倒的な光景です。府中町・鍛冶町・魚町の3つの町からの“でか山”が勢ぞろいするときは最大に盛り上がる場面となります。この瞬間が見られる時間は、5月4日正午過ぎ大地主神社・5月5日午前11半能登食祭市場前・同日午後七尾駅前です。最大に盛り上がる場面ですので、観光のときはこの時間と場所を覚えておくと何かと便利だと考えられます。
また“でか山”を方向転換させるテクニックにも注目です。大きな車輪を持つ山車の向きを変えることは大変な力と技が必要で、若い人が大きな掛け声をかけながら大梃子や地車を使って向きを変える様は、見ている方も思わずエキサイトします。使われる大梃子は8mにも及ぶもので、誰もが若い衆のエネルギーに圧倒されるはずです。

“でか山”には若衆が楽しんでいる表情にも見どころがあります。大きな掛け声と共に山車を引き回す姿に感動を覚える人も多いでしょう。この引き回しは実は観光客も参加できます。引き回しをしてみたいという方は参加できますし、毎年これを行うために七尾市に来る人もいるということです。予約などは不要で飛び込みで参加できますから、我こそはという方は軍手を準備して参加してみましょう。なおその際はもちろんハイヒールやサンダルは危険ですので、スニーカーなどを履くことが前提です。

でか山のルートチェックしてから参加しましょう

参加されるときは“でか山”が通るルートをチェックしてから行くと、なお盛り上がります。
3日間で通るルートは微妙に異なることが多いのです。事前に調べて行くと参加しやすいと思います。
なお車で来られるときは七尾フィッシャーマンズワーフの能登食彩市場の横が祭りの開催時だけ駐車場が設けられますので、そこを利用すると便利です。
七尾市外から車以外で来られるときはJR金沢駅から七尾駅までの直行便もありますので、そちらを利用されることをおすすめします。
日本一の大きさを誇る山車、“でか山”を、地元の人たちと一緒に引き回す。おそらく一生の想い出になることは間違いないと考えます。ゴールデンウイークは10連休だという方などには、この大きなスケールのお祭はおすすめしたいものです。

「5月に行きたい名物祭り”青柏祭”」に関連する記事

「5月に行きたい名物祭り”青柏祭”」に関連するキーワード

「5月に行きたい名物祭り”青柏祭”」のライター