お祭りといえば、一年を通して全国各地で行われていますが、一度は行ってみたいと思う人が多いのが、手力の火祭です。

全国で有名 かなりの迫力”手力の火祭”

手力の火祭が行われている場所は、岐阜県の岐阜市にある手力雄神社です。
なぜ全国的にも有名になっているのかというと、迫力満点の魅力があるからでしょう。

どんな迫力?

火祭りという名にふさわしいほどの滝のように降り注ぐ火の粉です。
火の粉などは普段それほど見る物ではありませんが、手力の火祭りの火の粉はかなりの量ですので、見る者を圧倒させるほどの迫力があります。
大量の火の粉を見るだけでも驚いてしまいそうですが、それよりもすごいのが神輿を担いでいる男性陣です。
神輿にも火薬が仕込まれていますので、神輿からも火の粉が出るようになっており、それを担ぐ男性陣の姿は圧巻です。
火の粉が出ている神輿を担いでいるだけでもすごいですが、担ぐ時には上半身裸で担ぐようになりますので、その勇ましさには目を見張るものがあるでしょう。
神輿を担いでいる間には鐘の音や爆竹の音などの轟音が鳴り響くようになりますので、迫力満点でまさに他に類を見ないほどの祭りといえるほどです。


火の粉が降り注ぐ祭りを見るのも素晴らしいですが、その他にも素晴らしいのが、参道の鳥居にかけられている大しめ縄です。
大しめ縄の大きさは長さがおよそ12メートルあり、しめ縄の直径は最大で3メートルにも及びますのでかなりのサイズになります。
火祭を見る時には合わせて大しめ縄の姿も拝んでおいたほうがいいですので、合わせてみるようにしておくといいでしょう。
手力の火祭はいつ行われているのかというと、毎年4月の第2土曜日に行われるようになっていますので、岐阜県まで足を運んでみるといいでしょう。
歴史もとても古く、300年以上も歴史があるといわれていますので、長い年月にわたって受け継がれてきた伝統のある祭りでもあります。

手力雄神社への行き方

手力の火祭りに行ってみたいのであれば、名鉄岐阜駅から各務原線にのり手力駅で下車をすれば大丈夫です。
岐阜駅からも8分程度と近距離ですので、交通の便も悪くありませんし、手力駅で降りてからも徒歩5分程度で手力雄神社にたどり着けますので、電車で行くのが便利です。
電車で行く場合には、各務原線に乗らなくても、JR高山本線でも行く事が出来ます。
JR高山本線を利用するのであれば、長森駅で降りてから徒歩15分程度で到着をすることが出来るので、少し遠くはなりますが、どちらを利用しても行く事は可能です。

駐車場に関しては用意されていませんので、祭りの際には電車を利用していくのが一番いいでしょう。
誰かに車で送ってもらうにしても、周辺は込み合うようになりますので、無理に車で行くよりも電車で行くようにした方が確実です。

迫力の火の粉を見るなら

例年通りの進行の場合、19時くらいから行灯に点火をされていくようになる為、火の粉を見たいというのであれば、そのぐらいの時間には行くようにしておかなくてはなりません。
周囲が暗くなっていなければ、火の粉のすごさが伝わらないのもあり、暗くなってから点火をされるようになっているのでしょう。
そこからは時間が経過するにつれて滝花火に点火をしたり、仕掛け花火に点火をしていくようになりますので、どんどん迫力が増していくようになります。

9時過ぎには終了をする予定になっているため、あまり遅くいってしまうと火の粉を見ることが出来なくなってしまいますので、早めに行くようにしなくてはなりません。
多くの人達が集まる祭りでもありますが、一度その迫力のある祭りを見てしまうと、また来年も見てみたいと思うようになるはずですので、その魅力を存分に味わって帰るといいでしょう。

「4月に行きたい名物祭り”手力の火祭”」に関連する記事

「4月に行きたい名物祭り”手力の火祭”」に関連するキーワード

「4月に行きたい名物祭り”手力の火祭”」のライター