2018年5月1日 更新

GW! 日帰りで行けるオススメスポット♪2018

GWにどこかへ行きたいけれど、どこに行っても人が多いし、、、、と悩みますよね。日帰りで行けるオススメのスポットをご紹介致します!

GWに日帰りで行けるオススメのスポットとは?!

thinkstock (46630)

ゴールデンウィークに関東地方から日帰り旅行のオススメスポットでは、やはり関東地方の中になります。

thinkstock (46638)

gettyimages (46647)

新幹線などにのれば、東海道新幹線で名古屋や大阪の方まで行き日帰りも可能です。

また東北方面や上越方面そして北陸方面に行くことも可能になります。

ですが、新幹線を利用しない場合つまり自動車を利用する場合には、関東地方から出たとしても静岡県ぐらいまでになるでしょう。

gettyimages (46633)

それ以上行くと、1日のうち6時間以上も移動時間の使うことになるため、家族で行ったとしてもあまり面白いことはありません。


ここで注意しなければならないことは、いくら関東地方と雖も時期がGWなことです。

つまり、民族大移動といわれていますが、かなりの人が新幹線や自動車などで移動糸をするため、道が混んでいる可能性があります。

そこで、可能なかぎりあまり多くの人がいかない場所に行くのが良いです!!

まず一つ目は、群馬県上野村付近にある洞窟です。

 (46640)

ちょうど五月の初めごろは気候的に30度近くになりますので、可能なかぎり涼しいところを目指す必要があります。

 (46642)

そこで洞窟を目指すことで、少なくとも涼しさを味わうことができるでしょう。

場所としては関越自動車道を利用することになりますので、早い時間帯に移動することが大事になります。

thinkstock (46637)

関越自動車道の特徴は、午前8:00ぐらいから練馬付近から渋滞し始め、現地に到着するまで5時間以上かかってしまうわけです。

また夕方の時間帯も3時以降は渋滞する可能性がありますので、何とか3時前に練馬付近まで到着している必要があります。

そのように考えると、けっこう朝の早い時間に出発すればなんとか渋滞を避けることができるでしょう。

次の目的地は、東北自動車を使い那須塩原方面を目指すことです!!

thinkstock (46646)

那須塩原方面の特徴は、鉄道で行くには少し不便なところですので自動車で行った方がよいです。

自動車で行く場合は、東京や埼玉からであれば東北自動車道に乗り那須塩原付近で降りることになります。

gettyimages (46645)

東北自動車道自体は東名自動車道や関越自動車道そして中央自動車道に比べてまだ空いている傾向がありますのでそこまで気合いを入れて早朝に起きなくても大丈夫です。

ただ、GW中は結構早い時間から混みはじめますのでのろのろ運転が嫌な場合は少し早めに出発をしましょう。

thinkstock (46636)

帰りの時間帯は、夕方になるとやはり混みだしますので、浦和インターチェンジあたりを午後3:00ぐらいまでに到着できるスケジュールを組む必要があります。

このプランの渋滞はそれほど問題ありませんが、問題は那須塩原に着いてからです。

gettyimages (46635)

午後11:00を過ぎたあたりから少しずつ自動車の量が増えていき、主要道路は渋滞してしまいます。
thinkstock (46653)

もともと観光地が1カ所に集約されているだけでなく、広い道もありませんので必然的に渋滞が発生するわけです。やはり、早い時間に生き早めに帰ることが大事になるでしょう。

現地では、牛肉料理などのおいしいグルメをたくさん食べることができ、子連れでも安心です♪

thinkstock (46659)

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

オトナ女子 オトナ女子