東北の三大祭りのひとつ”仙台七夕まつり”

仙台七夕まつりは、東北の三大祭りの1つとして知られています。現在は、8月7日に行われるのが基本になりますが3日間に及んで行われるため6日から8日まで行われるのが通常の日程です。
本来、七夕は7月7日に行われるものですが、旧暦の7月7日になると現在の9月になってしまうためこれを1カ月早めて8月7日前後にしたわけです。

通常の七夕とは異なり、大きなこけしのようなものがぶら下がっているのが特徴になります。全国で有名になる2つで各都市でも同じような飾りつけをしているところが増えてきており、空港や商店街などでも見かけるようになりました。業者の方で、積極的に七夕の飾りつけを推奨しているところもあるぐらいです。

始まりは江戸時代初期

歴史はどのようになっているかといえば、その始まりは江戸時代初期といわれています。
江戸時代初期には、初代仙台藩主の伊達政宗が文化を広めるために始めたのがこの祭りの始まりになりました。以来、およそ400年にわたり行われてきた七夕祭りですが、常に順調に開催できたわけではありませんでした。

昭和20年 空襲時の火災

国難といわれていた昭和20年の空襲のときには仙台市が火災になり七夕まつりで使用する道具などが燃えてしまったわけです。
これにより、開催は困難になったものの50本ほどの竹飾りで七夕が復活したのは翌年の昭和21年でした。
以来、豪華絢爛な飾りが毎年飾られており多くの見物客が訪れるのが特徴になります。

毎年200万人ほどの人が訪れる

見物客自体は、毎年200万人ほどになるため、仙台市の人口を上回るほどの人数がこのお祭りに参加していることになります。

この祭りが有名になったのは戦後になってからです。戦前は、それほど全国に知られていませんでしたが高度経済成長期を通じてニュースになることが多くなり、やがて全国に知られるようになります。全国に知られてからは、多くの観光客が訪れ、現在のように来場者が増えているのがポイントです。東北新幹線ができてからは、さらに参加人数が加速している傾向があります。
最近では、外国から参加する人もおり、国際色豊かな会場となっているわけです。

花火祭りやコンサートも

お祭りのときには、花火祭りがおこなわれたりコンサートが行われることもありますので、興味のある人は一度足を運んでみましょう。

七つ飾りの意味

仙台の七夕まつりでは、七つ飾りと呼ばれる7種類の飾りがあります。これは、大きな飾り付けが7本商店街にぶら下がっており、それぞれにはしっかりとした意味が込められていることを知っておくべきです。
基本的にこのようなお祭りは、無病息災を願ってできたものですので無病息災を願うものが一本あります。それ以外にも学問の上達を願うものや長寿を願うもの、そして繁栄を願うものなどがあります。
さらには、仙台周辺は東側に太平洋が広がっていますので豊漁を願う飾り付けがあるわけです。

飾り付けの大きな特徴は、くす玉が付いている例が多くこれはひもが付いているわけでもないので、引っ張っても割れるわけではありません。
素材は和紙で作られており、ほかの七夕まつりでもちいられるようなビニール製の飾り付けはほとんど見られないのがポイントです。

仙台駅近くの商店街

アクセスは、JR仙台駅まで行きます。
駅の近くの商店街で行われていますが、宿泊する場合には早めに宿を取っておかなければなりません。東北で一番大きな都市になりますのでビジネスホテルなどは多いですが参加者数もその分をくなるため1週間前から2週間前に予約をしても取れないことが多い傾向にあります。

宿泊予約は早めに

もし、予約をする場合には1か月以上前にしておかなければならないといえるでしょう。自動車などで行く場合には、商店街で行われるため駐車場がありませんので可能なかぎり公共の乗り物を利用した方がよさそうです。
ただ、観光バスの場合は一時的に路上駐車の禁止が解除されることがありますので、観光バスを利用するのがよいかもしれません。

「8月に行きたい名物祭り"仙台七夕まつり"」に関連する記事

「8月に行きたい名物祭り"仙台七夕まつり"」に関連するキーワード

「8月に行きたい名物祭り"仙台七夕まつり"」のライター