恋オタ編集部

恋オタ編集部が書いた記事

マッチングアプリ は「ポイントを抑えれば誰でもできる!」

【次世代マッチングアプリ 「merme(メルミー)」攻略シリーズ!】 マッチングアプリは実はそんなに難しくありません! SNSを毎日更新するために、インスタ映え写真を一生懸命、撮影したり、 いいねをもらう為に、背伸びをして自分を偽ったりする必要はありません。 自分の趣味と会った人に出会えるチャンスを増やす少しの手間だけであなたの人生を変えてくれるかもしれません!

記事を読む

マッチングアプリ ではプロフィールは正直に!

【次世代マッチングアプリ 「merme(メルミー)」攻略シリーズ!】 マッチングアプリでは、プロフィールが大事!写真も重要ですが、マッチしたあと、メッセージのやり取りやデートをするかの判断は、プロフィールの内容に大きく左右されます! 自分に自信を持って、ポジティブな表現で積極的にアピールしましょう!

記事を読む

マッチングアプリでは、写真は最も重要なポイント!

【次世代マッチングアプリ 「merme(メルミー)」攻略シリーズ!】 マッチングアプリでは、プロフィール写真は最も重要なポイントです! メイン写真は胸から上で笑顔で、写真は1枚より複数、理想は3枚、趣味や人柄がわかるものなどなど、アプリ初心者は要チェック!

記事を読む

気分は南国、石垣島の海外風カフェでリラックスタイム

石垣島には、観光名所もたくさんありますが、最近ではカフェが注目を集めています。海が近くに見える最高のロケーションで、島ならではの食事を楽しむことができるのが最大の魅力です。都会では味わうことができない雰囲気は、日頃の疲れを癒やすのにも最適です。 そこで、石垣島で人気のあるカフェを5つご紹介します。

記事を読む

石垣のソウルフードのソーキそばには、島スパイスがおすすめ!

石垣島に出かけたら欠かすことのできないグルメが「ソーキそば」です。 その中でもおすすめ島そば屋さん3選を挙げるとすると「八重山そば処・小松」と「島そば一番地」「なかよし食堂」の3店舗です。 また、ソーキそばに合う島スパイス「ピパーツ」「コーレーグース」もご紹介。

記事を読む

泳がなくても楽しい!ヤエヤマヒメボタルの「光のじゅうたん」に、SUPで美ら海を満喫!

「石垣島」といえばマリンスポーツ、しかし、泳がなくても楽しい!美しい「美ら海」を満喫することができるオススメしたい楽しみ方はたくさんあります。ヤエヤマヒメボタル の乱舞する「光のじゅうたん」、海で泳ぐのに気が引けるという人にオススメの「SUPクルーズ」、恋愛のパワ―スポット「野底岳(野底マーペー)」をご紹介!

記事を読む

八重山諸島の地図に載らない秘密の島で、絶景&とびきり時間を満喫

八重山諸島の地図に載らない秘密の島「幻の島(浜島)」「バラス島」「バナリ島」をご紹介。 世界には地図に載らない幻の島があるのをご存じですか? そんな島を旅してみるのも、まさに秘密の島体験ができるかけがえのない時間と体験が出来るのもまた違った魅力があるものです。

記事を読む

天然プラネタリウムで星空ウォッチング!

日本には天然のプラネタリウムと呼ばれる場所があります。 美しい天の川など、様々な天体模様を見ることができる星空観測スポット4選を紹介! 日本最南端、波照間島では南十字星を、石垣島の星空ビレッジでは満天の星のもと天然プラネタリウムを寝転びながら満喫!

記事を読む

石垣島のフォトジェニック&トロピカルな幸せスイーツ発見!

石垣島は自然が魅力で街並みも人も素敵な観光地、インスタ映えするようなスポットも多く、何処にカメラを向けてもついつい写真を撮りたくなるほどです。 この島にはカフェが多く、壁にアートが描かれているスポットもありますから、何気なく街を歩いて写真に収めるのもありでしょう。ぜひ訪れたくなる、おすすめスポット&カフェをご紹介します!

記事を読む

石垣島の旅行ランキングやオススメ観光スポット案内や見どころや名所紹介!

日本列島の南西端に位置する八重山列島の中心地、石垣島は、沖縄諸島の中でも特に人気が高い島で、国内旅行ランキングでも常に上位に挙げられています。ミシュランガイドで3つ星を獲得した「川平湾」や、石垣島鍾乳洞などの観光スポットの他、マリンスポーツ、市場や雑貨ショップでの買い物など、多くの楽しみがあります。

記事を読む

11月に行きたい名物祭り”酉の市”

「酉の市」とは、毎年主に11月の酉の日に商売繁盛を祈願して行われるお祭りです。酉の日は全部で3つあり、それぞれ、一の酉・二の酉・三の酉とされています。商売繁盛を願って縁起熊手を買い、新年の商売繁盛・金運アップを願います。

記事を読む

11月に行きたい名物祭り”唐津くんち”

「唐津くんち」は、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。氏子が奉納する曳山行列で、勇壮華麗な14台が登場します。文政2年(1819年)~明治9年(1876年)までの57年間に14台が作られました。1台の制作費を現在のお金に換算すると、1億5千万円になるといいます。威勢よく市内を曳き回すさまは圧巻です。

記事を読む
57 件